Mount Shasta Apothecaryのオフィスをお借りして、Moani Laniさんの朋子さんが、数秘リーディング講座を開催されました。

講座に参加し、数字と戯れて参りました。

自然光のたくさん入る中、暖炉の火で暖まった空気が私たちを取り囲み、講座であることを忘れてしまう感じです。あづささんの暖かいサポートのおかげで、頭もココロもお腹もみたされて、リラックスした中で学ぶ事が出来ました。

%e6%95%b0%e7%a7%98 看板犬のりーちゃん♪

生年月日と名前でみる数秘との出会いは3年前くらい。

占いかなーとおもっていたのですが、案外言い当てている事にびっくり。統計学っぽいかも。数字と音のバイブレーション(波動)に影響されて私たちは今生で生活している、という考えです。最近は、物事も思いもすべて波動という量子モデルの世界観が腑に落ちているので、「さもありなん!」と思えますが、そういうことわかってなかった3年前でも「どうして、数字がこんなにしっくりとくるのだろう」と不思議な感覚がありました。

朋子さんの数秘リーディングを受けて、数字から、自分の描いてきた青写真がおもしろいくらいに浮かび上がってきて、いつか自分で読めるようになったらいいなーと思うように。

これね、自分のことを知ったら、まず、自分の周りの方々を見てみるとよいです。さらに自分の今生での学びが浮き彫りになってきます。そう、みかんのあぶり出しの年賀状のよう!もやもやしたものが、くっきりと、そうなのか!とわかってきます。

私はメインが9番なのですが、実家も嫁に来た先も、11,33の、宇宙人的番号だらけのところでした。見事な宇宙の采配。最終的な私の学びの終着点が11番、となり、その11番の繊細なところ、受け入れていくことなのだな、と周りを見て思いました。ある意味、苦手な11番が、私の学びのゴールで、周りにこんなに11番がいるということは、「周囲は鏡」という言葉をよく表しています。たぶん、私は、周りの人におしえられているのだと。

そして、仲良くしているお友達2人、私の実父、私の旦那さんがメイン33番ぞろいで、私は繊細かつ、菩薩様的優しさに満ちた人々に囲まれていると気がつきました。彼らの優しさに包まれて、私の人生は幸せだな、と気がつきました。チーム?33番、ありがとう、な気持ちです。

あと、お子さんがいる方で、お子さんがいまいち掴めない、という場合も、数秘リーディングは役に立ちます。講座をご一緒した人で、「長男はわかるけど次男が掴めない・・・」という人も、数字をみて、そうなのか!と、腑に落ちた様子です。

そんなわけで、今わたしは数字がみたくて仕方ないので、瞑想会にいらした方でご希望があれば、生年月日気になる人のをもってきてくださいね。ざっくりとリーディングしますよ♪

数秘を、キネシのセッションの中で使っていけるよう、楽しみたいな~と思います。