「A型だからね~」「私ってふたご座だから・・・」「六白金星ですしね」

巷には占いという概念が、案外生活の中に身近に入っていたりします。みなさんはどんなことを信じていますか?

私は、数秘を生活の中で活かしています。今までも、色んなことの決断の一つのヒントとして自分の数字を活かしてきました。

今日は渋谷のヘアサロンetodeにて3回目の数秘会をしました。

子育てでも、親子関係でも

親戚関係でも、お友達関係でも、恋人関係でも、

仕事関係でも・・・人間関係ってありとあらゆるところにありますよね。

人間同士って分かり合えないときがあるのですが、それが案外、認知の癖だったりします。Aという問題を考えた時、相手はこういう側面を大事だととるし、自分はあっち側の側面を大事に考えるとき、互いにとる正義としての意見は対立するわけです。

そんなとき、自分の中の「思考や感情だけ」で問題を解決しようとすると、どん詰まりになるときがあります。

そんなとき、生年月日を知ってさえすれば、お互いの考え方、認知の癖のようなものが、数字から導き出されてくるのです。その違いを知ると、今まで何だかお手上げだったような問題が、「あ~、なるほどな」と何らかの対応策が練れたりします。

私の数字を活かしてきた経験談なども踏まえ、みっちり4時間使い、数字の世界をご案内します。今日の参加者のかたも、数字に対して興味津々になってくださいました。やればやるほど、単なる「占い」といった気分にならないんですよね・・・。結構あてはまるんですよ~。ほんとに不思議です。経済的に成功している人が多いユダヤの人たちが数秘を使い続けてきた理由がその辺にあるんでしょうね~。

次回のetodeでの開催は未定ですが、数字と戯れる楽しさをゆるゆるとお伝えしていけたらな~と思います。