漫画チラシを描いてます。というか、納品済みですので、「描きました」ですね。

その方の何を表現したいかに寄り添い、漫画に描き起こして、さらに練り上げていく作業。

何気に簡単なようで、私の中の漫画の神様(と呼んでるもの)が降りてきた時、大枠が出来ます。

でも、神様は最初から完璧なものを下ろしてくれるわけではないのでw、そこからお客様との練り直しがありますが、それによってお互いに、何を表現したいかの核のようなものを見つけていけるのだとおもいます。

そこがね、結構産みの苦しみをお互いに味わうんです。でも、そのおかげで洗練されたものが出来上がるんです。

私がちゃんとお金を頂いて書き始めた最初のお客様は、こちらのきょうこさん!
なぎやきょうこさんのフラット思考メソッド

きょうこさんが何をお伝えしたいのか、きょうこさんに成り代わって説明できるんじゃないか、というくらい、漫画チラシの制作過程で、フラット思考メソッドの内容を腹に落とし込みました。
きょうこさんのメソッドの産みの苦しみの姿?を見ているため、私も一緒に生み出したかのような錯覚もあります(私は絵を描いただけなんだけどw)。共同作業だな~とつくづく思いました。きょうこさんはFBでお顔を公表されてないので、私の似顔絵を多用してくださり、なんだかうれしいです。
フラット思考メソッドによって、きょうこさんが、動けるセラピストを沢山導いてくださるんじゃないかなと思います!

次にご依頼いただいたのが、こちら!
まくはりママの家のまくママメソッド

こちらも、思い入れが強いです。まくはりママの家は、日本にあまりない、小児科医の先生と一緒に原始反射の統合をやっていこうという団体です。代表の内田さんを中心に、いろいろなスタッフの思いをくみ上げて、漫画に表現する作業は何度も繰り返されました。内田さんもいろいろな場所に確認したり、大変だったのではと思います。ありがとう。
そして、色々と細かな修正を重ねていくうちに、私もまくママスタッフなんじゃないか?!というくらい、まくママメソッドを知り尽くしました。成り代わって、まくママメソッドの詳しい説明はできるのではないでしょうか・・・w このような、サポート施設がたくさん日本にできたらいいなぁ、、、と夢見るようになりました。こちらでは、WISC-Ⅳの検査もできるようになったんですよ!
HPには、漫画のコマを切り取って、上手にPC用に組みなおされています。こんな風にイラストを切り取って使いまわすこともできるので、便利ですね。

それから、私のキネシオロジーの先生 白木原雪乃さんのピースリンクにも体験漫画を提供させていただいてます。今のところ描いたのは、雪乃さんのBG101、タッチフォーヘルス、魂合気。よかったらピースリンクでみてくださいね♪